泡沫投資家ノディの米国株入門

インフレに勝ちたい

年初から調整知らずの市場とポートフォリオ_2018年2月の資産状況

あっという間に2018年の1月が終わってしまいました。

ポートフォリオの状況です。

f:id:hobogo-mila:20180201212233p:plain

f:id:hobogo-mila:20180201212311p:plain

 ETFの割合を5割以上に引き上げました。個別株は順次リストラを続けていきます。

f:id:hobogo-mila:20180201215125p:plain

f:id:hobogo-mila:20180201212539p:plain

f:id:hobogo-mila:20180201212601p:plain

 目指しているポートフォリオはこちら。

www.homatsu-noddy.com

f:id:hobogo-mila:20180201212704p:plain

 

 

年初からのドル建て内部収益率は年率47.48%となりました。

つまり年利47.48%の1ヶ月物定期預金と同じパフォーマンスを記録しています。

この年初来のペースのまま株高が進むと、年末には資産が5割増加する...。

 

そんなことはありえないので、この先もひと波乱ありそうです。

願わくば起きてほしくないですが。

 

なんなら2018年は今すぐ終わっても充分なくらいです。それくらい私のポートフォリオも市場平均も好調です。

主にロッキードとブラックロック。ETFもおおむね堅調です。

 

米国株ブログ村では「調整」なる単語がここ数日で目に付きますが、そんなもの起きてはいないように私には見えます。

 

ついこの前まで、イールドカーブのフラット化が気になると言っていたその口で、金利が上がれば株も売られる というのはどうも...

私もですが、後追いで市場に振り回されている感があります。

 

あと、ロイターも日経も「大幅」の閾値がだいぶ低くなっているのが気になります。2万3千円付近にある日経平均株価が300円動いただけで「大幅安」と速報を出してきます。ダウも同様。

いよいよ日経新聞を解約したくなってきました。

 

スポンサード