泡沫投資家ノディの米国株入門

インフレに勝ちたい

マネー系イキリオタクはローソンに近寄らない

こんばんは、ノディでございます。

 

私は朝、職場に行く前コンビニに立ち寄ります。

お茶を買うためです。コカ・コーラ(KO)の飲料をよく買います。

綾鷹とか、爽健美茶です。

今日の米国株の話題はこの行で終わりです。

 

職場に一番近いコンビニはローソンなのですが、絶対に行きません。

それは何故か?

 電子マネーの支払いスピードが遅いからです。

 

今日は、最新の情報を知るために、ローソンで買い物を済ませました。

 

ぼく「Suicaでお願いします。」

店員さん「はい。....どうぞ!」

 

スッ

......

.....

....

...(んんん?)

..

.ピピッ!

 

とタッチ1秒ならぬタッチ4秒です。

これでもマシになった方で、以前は倍の体感時間と画面のタッチまで必要でした。

テンポ悪いし、競合他社より明らかに遅いしでローソンには近寄らなくなりました。

 

じゃあ、現金払いで良いじゃないかと思うでしょうが

ここはマネー系イキリオタクの本領発揮という事で、

 

私は小銭を持ち歩きたく無いんです。重い上にジャラジャラするのと、財布が膨れるからです。細かい計算もしたくありません。

朝は頭が働いていませんし、会社でも自宅でも関数電卓が常備してあるおかげで暗算ができなくなってしまいました。小銭の計算とか重労働です。

仕方なく現金のみのお店では千円札しか出しません。小銭が入っていても千円札だけです。

溜まった小銭はノー残業デーの日にみずほ銀行のATMに流し込んでいます。

家計簿の管理上も電子マネーの方が容易、何よりポイントが付くのもポイントです。

 

レジでの支払いがスムーズである事が一番大事です。コンビニで列を作ってる時間が本当に勿体無いと常日頃思っています。

せめて自分と自分の後ろに並んでいる人にだけはイライラしてほしくないと、なるべく電子マネーを使うよう心がけています。

 

製品のバーコードを揃えて店員が読み取りやすいようにしています。もう自己満足の世界です。

飲み会ですら小銭とか細かい割り勘で頭を使いたく無くて、LINE Payを普及させようと布教しているのですが、なかなか反響が無く悲しい。

 

NEWDAYSの無人レジもなるべく使っています。面積の都合からか品揃えが悪いのであまり行きませんけど。

21世紀にレジ打ちなんて人間の仕事じゃないです。

電子マネー派が増えれば現金の輸送コストも減って生産性が向上し、私達にも、本業に集中できるバイトにも多少還元されるはず。

 

本気でそう思っています。

キモいだけなのでブログでしかこんなこと言えません。

 

通勤時はファミリーマートを使っています。自宅近くならセブンイレブンです。

 

ローソンはいついかなるときも、旅行先であっても素通りです。残念ながら。

 

でも一番残念なのは、あのレジを導入する際に行われたであろう、ローソンの社内レビューで恐らく、少なくない数の社員が「遅い」と感じたはずなのに、あっさりスルーされて世に送り出されているという事実です。

 

どんな施策にも期限があって、開発のやり直しなんてする余裕はなかなか無いとは思いますが、その失敗を顧客全員にしわ寄せを押し付けるような社風なのかと勘ぐってしまいます。

 

www.sankeibiz.jp

 竹増貞信社長 ローソンバンク設立準備会社についてのコメントより引用

 

「店舗では現金のお客さまが75%を超えている。これが今後どうなるか。後発なりのメリットを取り込んで、利便性のあるサービスを提供できるようにし、持たざるところには、圧倒的な差別を図っていきたい」

社長が75%という数字をどう見ているかは分かりませんが、あんなPOSがある以上、電子マネー派は近寄りません。

 

リーダーの手前に謎の出っ張りがあって、妙に高い位置に置かなくてはならず、競合他社の中でも一番かざしづらい事もマイナスです。

もし、一番支払いが速くても、ローソンで買い物はしたくないと感じたでしょう。

 

J.J.ローソン氏も泣いているゾ

www.lawson.co.jp

 

 

 

スポンサード